ACTUAL EXAMPLE/映像・イベントの活用例

映像を活用し組織を活性化する
理念の共有・ES/CSマインドアップ・風土改革 etc.

CS(顧客満足)/ES(従業員満足)向上、社員のモチベーションアップ/マインドアップ、ブランディングなどの映像においては、独自のスタイルを築いてまいりました。

従業員にいつも笑顔があふれていてやる気と元気に満ちている、そんな企業(組織)こそ成長し繁栄していくものです。
そのためには従業員すべてが理念を共有し同じ目的に向かって進んでいるものです。そこには仕事をしやすい風土があります。その結果、従業員と顧客の満足度も向上し人も企業も成長・繁栄していくものです。
そのために各企業では様々な施策を実施していることでしょう。
弊社ではそうした施策でより大きな効果を上げるために、映像/イベントをただ単に制作するだけでなく、活用法についてもご提案させていただきます。
詳細についてはご連絡ください。

 
 

 
 

映像・イベントを活用する
販売促進・プロモーション・商品サービス紹介 etc.

近年では新しい媒体やニーズの多様化など環境も大きく変化してまいりました。映像はコンパクトデジカメで撮影・編集しインターネットを利用して公開することも簡単になりました。すなわち数年前と比べると大変多くの映像が世の中に氾濫しているわけです。
見方を変えれば、映像を見る視聴者の目も変わってきていることになります。
そうした中で本当に目的を達成するための映像・イベントとはどのようなものなのでしょうか?
そのためにはまず映像の特性を知っておくことが重要です。
その上で目的・ターゲット・コンセプトをしっかりと決め、その内容にふさわしいクリエイティビティを施していくことです。
詳細はお問い合わせください。